のぼりのはじまり

のぼりの始まりは、室町時代。

当時、武家内で激しい争いが起こり、とうとう戦にまで発展してしまったのですが、その時に、のぼりが今の姿になったと言われています。

これは、それまでの旗が流れ旗で、読みにくいという事が大きな原因でした。

同じ武家内なので、敵味方の区別がつかず、非常に困ったところから、片方が流れ旗の端を竿に結びつけた、そこからが、のぼりの歴史の幕開けなです。

それからは、その形が非常に読みやすいという事から、どんどん広まって、とうとう主流となってしまったのです。

戦では、のぼりを用いることでたくさんのことが合理化できました。

例えば、個人の選別。

武将がどこにいるかなどを、確認しやすくなったのです。

もちろん、敵味方の判断も容易になりましたし、戦場で建てた手柄を測るのも、見やすくなりました。

はたが本来持っている「応援」「興奮「戦い」「強さ」「勇ましさ」などの象徴的な意味に加え、そのような実用性が見えてきたのですから、重宝されたのも当然だったと思います。